MAAs開発秘話

抽出が難しいMAAs/マース(マイコスポリン様アミノ酸)

MAAs/マース(マイコスポリン様アミノ酸)は菌類から発見されたマイコスポリンという物質に構造がよく似ていることに由来する天然のアミノ酸の一種です。

MAAs/マース(マイコスポリン様アミノ酸)は約30年以上にあたり美容効果が期待され、多くの企業が注目した成分でした。
しかし、抽出が難しく魚介類から乾燥重量でわずか1%さえも採取出来ない、と言われていました。
また実際製品化するとなると、かなり高額の成分となってしまうことが課題でした。

開発に10年の歳月をかけ抽出に成功

MAAs開発責任者 中野昌彦

株式会社ドクターズチョイスはMAAs/マース(マイコスポリン様アミノ酸)の研究に着手しました。
外部試験機関での実験では、ヒト線維芽細胞を使用しMAAsを添加。
72時間にわたって行われたヒアルロン酸産生促進試験においても約2倍の産生が確認されたことから、美容成分としての効果に期待していました。

そこで長年研究の末、開発に約10年の歳月をかけ、製法特許を取得した独自の抽出方法により、ラン藻から高濃度のMAAs/マース(マイコスポリン様アミノ酸)抽出することに成功しました。

MAAs/マース(マイコスポリン様アミノ酸)は様々な機能性、安全性が期待でき、医療・美容領域の関係者から大きな注目を集めています。

200報以上の論文で発表

論文
MAAs/マース(マイコスポリン様アミノ酸)の作業機作に関する研究成果は、日本皮膚科学会、日本香化粧品学会、日本抗加齢学会などで「マイコスポリン様アミノ酸の線維芽細胞におけるヒアルロン酸分泌促進のシグナルメカニズム」と題して発表されています。また世界のビジネスとマーケットにおける信頼性の高いインサイト、The Wall Street Journal、Natureでも紹介されています。

またセラミドの発見者として知られる中部大学の芋川玄爾医学博士や皮膚 bioengineering、乾癬の炎症機構解析のパイオニアである田上八郎東北大学名誉教授らとともに連携した取り組みも行っています。